オンラインカジノの選び方

本記事は、オンラインカジノでお金を賭けて、プレイしたいと考えているギャンブラーに役立つ。

適切なオンラインカジノを選ぶのは決して簡単なことではない。

オンラインカジノを運営することによって大金を手にすることが可能であるため、不当な運営者もいることは不思議ではない。

次はギャンブラーのニーズに応えてるオンラインカジノをどのように選べばいいかについて詳しく述べる。

本記事を読まずにベラジョンカジノを選びたい方はお気軽にサイトへどうぞ。

ベラジョンカジノの登録とアカウント開設については以下のステップをご覧ください

「魚を一匹やれば1日食いつなぐが、魚の取り方を教えてやれば一生食いはぐれることはない」という英語圏の興味深いことわざをもとに、今回は魚の釣り方について述べたいと思う。

適切な選び方と意思決定を行うために下記のをじっくりとお読み頂きたいと思う。

1。目標を立てる

最初のステップとして、どのようなニーズに応えるカジノを探しているかを決めておいた方が良いと思う。

つまり、カジノ体験に対してどのような希望を抱えているか、何を期待しているか、といったことを考えてみよう。

もしかして、ブラックジャックをプレイしたい?

それともビデオポーカーを遊びたい?

小額の初期資本でギャンブルしたい?

もしかして、ウェブカメラを使ってライブディーラーゲームをやってみたい?

テキサスホールデムをプレイしながらカジノゲームだけでなくスポーツにもベットしたい?

上記の質問にはっきり答えることが出来たら、意思決定も簡単に行えるようになるだろう。

例えば、同じアカウントからポーカーもスポーツベットも楽しみたい場合、「Slots.lv」より「Bovada」を選んだ方がいいかもしれない。

しかしながら、汗する労働を省き大金を手にしたいなら、オンラインカジノをやらない方がいいという意見も非合理的ではない。

確かに、通常のカジノの賞金に似たようなボーナス制度が一般的だが、オンラインカジノで遊ぶことだけで億万長者になるギャンブラーが極めて珍しい。

例えば、オンラインカジノの場合はカードカウンティングが出来ない。

ほとんど全てのオンラインカジノが厳しい出金規制を有し、登録ボーナスをなぜ簡単に出金できないかということは説明を要しない。

種類を問わず、勝利の確率は、どんなカジノであっても運営側に偏っていることを納得した上でプレイしよう。

カジノは、長居すれば数値的なモデルが必勝することを認めざるを得なくなる残酷な世界だ。

ともいって、意思決定の最初の一歩として、ギャンブルに対するはっきりした希望を持ち、それに合わせた目標を立てることを勧める。

具体的にいうと、ペンと手帳を手に取って、自分の目標を書き下ろすことも検討して頂きたいと思う。

2。ネットでギャンブルに就いての記事を熟読

ギャンブルに就いてたくさんの記事が投稿されてるが、その内容が当然異なる。

本サイトに投稿した記事とその内容が疑いなく妥当だが、他のサイトも参考にしたいなら、お気軽にどうぞ。

ただ、他サイトのギャンブルガイドを参考にするときは次のも念頭に置いて頂きたいと思う。

まずは、ほとんど全てのギャンブルガイドの動機はお金を稼ぐことであり、オンラインカジノの運営者は集客の一つの手段として巨額な広告費をかける。

そういった運営費を補うために、紹介手数料を請求させたり、プレイヤーの損失から差し引かれた料金をかけたり、毎月バナー料を受け取ったりする。

いずれにせよ、利益が生じる手段だと参加者の寛容度も上がることが不思議ではない。金額が増えれば増えるほど柔軟性が高くなる。

正直、オンラインカジノをペイバック率の順でまとめたリストを公開するギャンブルサイトを見たことない。

一度カジノに詳しい人と話したことがあって、彼は「オンラインカジノについて公開される情報は全て嘘だ」と言っていた。

「広告用のペイバックデータを提供した覚えがなく、胡散臭い」とも語った。

広告料を出せば出すほどペイバック率の順にまとめたリストでの順位が上がると私は個人的に思う。

「ギャンブルガイド」といった記事を読むときは、それはどれほど客観的なのか、筆者はどれほど公平的に述べているなのかも考慮しよう。

もし、誇張に溢れる評価があったり、カジノのデメリットについて述べていなかったりとうことに気づいたら、疑いなくそのカジノで一度もプレイしたことのない「サクラ」を発見した。

筆者名も探そう。

言うまでもなく、匿名の筆者による記事より筆者名を明記した記事の方が信頼できる。

それと同様に当社について詳述するサイトの方が信頼性が高い。

ネットでオンラインギャンブルについて何を読んでも、その内容を盲目的に信じては駄目だよ。

オンラインカジノを選ぶときは慎重に考えた上の意思決定を行い、自己責任の上でお遊びください。

3。利用可能なソフトウェアを探索

利用可能なギャンブルソフトウェアは4000個以上あると言われている。

しかし、アメリカ在住のプレイヤーたちはそのわずか一部(およそ5%)しか利用できない。アメリカ在住のプレイヤーたちが利用するソフトウェアは一つ以上のソフトウェアプロバイダー(開発者)と協力しており、いわゆる「プロプライエタリ・ソフトウェア」を使わず、オンラインカジノ ゲームを提供する会社からソフトウェアを借りることが多い。

このように借りれるソフトウェアの品質が大幅に異なる。かなり使い難いやつもあったり、ある機能が優れているソフトウェアもあったりする。

次は、「Amigotechs」について説明したいと思う。

以前、1000回ビデオポーカーをプレイしたプレイヤーが「一度も勝ったことない」と不満を言った。

正常に動作するビデオポーカーの場合はこれほどおかしいケースの確率が極めて低い。

幸いなことに、プレイヤーを騙そうとするカジノプロバイダーの方が少ない。

正直、私には、カジノにソフトウェアを提供する会社にとってプレイヤーを騙すメリットが見えない。

なぜかというと、どの道、長時間いればいるほど、負ける確率が上がる。興味があれば、ハウスエッジ(控除率)について説明する記事を読んでみてださい。

お忘れなく!ーアメリカ在住のプレイヤーが利用できないソフトウェアもある

「Microgaming」は超楽しい画質の良いゲームを提供する。不幸なことに、アメリカ在住のプレイヤーは「Microgaming」と「Playtech」によるソフトが利用できない。

一方、「Realtime Gaming」バラエティ豊かな高速ゲームをアメリカ在住のプレイヤーたちにも提供している。

「Rival」はもう一つのアメリカ在住のプレイヤーも利用できるソフトウェアである。

私はリアルタイムゲームを提供するカジノの方が好きだが、個人差が間違いなくある。

未経験の方は対応するカジノで一度無料ゲームをプレイしてみてください。

人それぞれ好みは違うが、どうせオンラインカジノをやるなら、楽しいゲームにしよう。

Leave a Reply